犬のしつけ法【無駄吠え編】

犬のしつけ【無駄吠え編】犬にしつけで無駄吠えをやめさせるには?

犬のしつけで、無駄吠えというのも飼い主を悩ませるもののひとつです。

 

犬が吠えるのは、元々犬が持っている防衛本能や威嚇といった本能にもとづくものです。

 

でも、無駄吠えは、本能とはまた違った単なる吠え行為です。

 

犬のしつけ無駄吠え

家族の誰かがそばにいないと吠える、屋外の音に神経質になって吠える、ただ意味もなく吠える、というのはあきらかに無駄吠えと考えていいでしょう。

 

犬にしつけで無駄吠えをやめさせるには、ふたつの方法があります。

 

ひとつは、声と手を併用する方法で「ダメ!」という声を出しながら人差し指を立てる、などの方法で犬に黙れと命令する方法です。

 

もうひとつは、突然大きな音を立てるなどをして、犬を驚かす方法です。

 

時には鼻づらをしっかりとつかんで揺さぶったり、口唇をめくるように引っ張りながら制止させます。

 

このときには、犬としっかり対座して顔と顔を近づけ、怒りが伝わるようにアイコンタクトをします。

 

大切なのは、真剣にダメが伝わるように睨みつけるように見ることです。

 

怒りが伝わると、犬は必ず飼い主さんから目をそらします。

 

この方法で無駄吠えが止まったら必ず「わかったね」と声をかけて諭すようにします。

 

叱ったあとには、このようにして怒りを解除する言葉をかけることでしつけを終わらせて下さい。

あなたはいくつ当てはまる?

犬,しつけ,吠える,無駄吠え

犬,しつけ,吠える,無駄吠え

犬のしつけ【無駄吠え編】犬にしつけで無駄吠えをやめさせるには?関連ページ

犬のしつけ【吠える編】犬をしつけて吠えるのを辞めさせる前にするべきこと?
犬が吠えるときというのは、犬自身と飼い主を含めた家族全員の防衛のためと、テリトリー侵害への威嚇のために物音や他者に対して吠える、という二つのケースがあります。本来、犬が吠えるのは本能ですので、これをやめさせるのにはかなり大変です。
犬のしつけ【吠える編】犬をしつけて吠えるのを治すには?
犬をしつけて吠えるのを治すには、小手先の方法を使っていただけでは駄目です。犬もゆっくりではあっても環境に適応し学んでいきますので、じっくりと時間をかけて段階的に慣れさせるようにしましょう。
犬のしつけ【無駄吠え編】●●をしっかりと犬に教え込む?
犬のしつけは無駄吠えに限らず、まずは主従関係をしっかりと犬に教え込むというところから始まります。社会に適応できない犬、という悩ましい状況を作り出したのは、実は、飼い主さんのしつけが、まだ犬が小さいうちにしっかりと出来ていなかったという原因が根本にあるようです。