犬のしつけ法【吠える編】

犬のしつけ【吠える編】犬をしつけて吠えるのを治すには?

犬のしつけで吠えるのが治らなくて悩みのたねになっている飼い主さんは、犬を散歩に連れて行くだけでもヘトヘトになってしまうかも知れませんね。

 

散歩のたびに、犬に吠えるのをやめさせるだけでぐったりでしょう。

 

そんな犬をしつけて吠えるのを治すには、小手先の方法を使っていただけでは駄目です。

 

犬のしつけ吠える

犬もゆっくりではあっても環境に適応し学んでいきますので、じっくりと時間をかけて段階的に慣れさせるようにしましょう。

 

まずは、家の中から窓越しに外の通りが見える場所に犬をつれて行きます。

 

そこで、スワレとマテをさせます。飼い主さんも一緒にしゃがんで首輪をガッチリつかみます。

 

犬や人が通るたびに、犬が吠える前に「シ〜!」の声をかけて口閉じをします。

 

吠えが止まったらほめます。

 

これで、犬や人を見ても吠えなくなったら次は玄関です。

 

玄関先で同じ練習を繰り返します。そして、玄関先で吠えなくなったら散歩に連れて行って同じことをします。

 

犬にとっても、環境に慣れることは大事で少しずつ少しずつ、レベルアップさせて「怖くない」ということを覚えさせます。

 

そうすると、吠えなくなっていきます。

 

犬のしつけは、長期目線で飼い主が心に余裕を持って付き合う事がとても大切ではないかと思います。

あなたはいくつ当てはまる?

犬,しつけ,吠える,無駄吠え

犬,しつけ,吠える,無駄吠え

犬のしつけ【吠える編】犬をしつけて吠えるのを治すには?関連ページ

犬のしつけ【吠える編】犬をしつけて吠えるのを辞めさせる前にするべきこと?
犬が吠えるときというのは、犬自身と飼い主を含めた家族全員の防衛のためと、テリトリー侵害への威嚇のために物音や他者に対して吠える、という二つのケースがあります。本来、犬が吠えるのは本能ですので、これをやめさせるのにはかなり大変です。
犬のしつけ【無駄吠え編】犬にしつけで無駄吠えをやめさせるには?
家族の誰かがそばにいないと吠える、屋外の音に神経質になって吠える、ただ意味もなく吠える、というのはあきらかに無駄吠えと考えていいでしょう。犬にしつけで無駄吠えをやめさせるには、ふたつの方法があります。
犬のしつけ【無駄吠え編】●●をしっかりと犬に教え込む?
犬のしつけは無駄吠えに限らず、まずは主従関係をしっかりと犬に教え込むというところから始まります。社会に適応できない犬、という悩ましい状況を作り出したのは、実は、飼い主さんのしつけが、まだ犬が小さいうちにしっかりと出来ていなかったという原因が根本にあるようです。