犬のしつけ法【噛む編】

犬のしつけ【噛む編】しつけをする上で忘れてはならないこと?

犬のしつけで噛む癖を治すためには、その場で叩くのがいいとする人と、できるだけ叩いてはいけないという人、いや絶対に手を上げてはダメという人など、さまざまな意見が聞かれます。

 

ここで忘れてはならないことは、犬のしつけにも基本には愛情が根底にある、ということです。

 

犬のしつけ噛む

もし、愛情などではなくて自分が気分が悪いから、噛まれて痛くて腹立たしくてなどといったことで犬を叩いていたら、それはしつけではなくて虐待です。

 

犬はもともと噛む習性を持っている「動物」なのですから、その悪癖を修正してあげるのが飼い主としての愛情です。

 

犬のしつけの中でも、噛む癖を治すのは、できるだけ子犬のうちにしておかなければいけない事です。

 

成犬になっても噛む癖があるとしつけるのも大変ですし、場合によっては人様に危害を加えたり怪我に結び付いてしまうこともあります。

 

噛みグセを治すためのしつけの方法は、小型犬と大型犬によっても違うようです。

 

小型犬であれば、「痛い!」と叫んでこちらが嫌がっていることを伝えたり、「ダメ! ノー!」などと制止の言葉をかけ犬の注意をこちらに向けさせてから叱ります。

 

大型犬の場合は、犬がこちらを見た瞬間にお尻や太もものあたりを軽く蹴るのも効果的だそうです。

 

いずれにしろ、犬を興奮させないように冷静に叱ることを繰り返すといいようです。

あなたはいくつ当てはまる?

犬,しつけ,噛む,甘噛み

犬,しつけ,噛む,甘噛み

犬のしつけ【噛む編】しつけをする上で忘れてはならないこと?関連ページ

子犬のしつけ【甘噛み編】甘噛みの癖を見逃していると…
犬のしつけで甘噛みの事は、最初に遭遇する戸惑いかもしれませんね。可愛い子犬がじゃれて遊んでいる時に、手を甘噛みしてくることは良くあると思います。このときに、どう対応したら良いのか迷ってしまうかもしれません。
子犬のしつけ【甘噛み編】甘噛みへのしつけで気をつけたいこと?
子犬の甘噛みへのしつけで気をつけたいのは、体罰を与えないということです。子犬にとって飼い主の手は、いつも優しく安心できるものであることが大切です。
犬のしつけ【噛む編】犬の噛む癖を治すには?
犬が噛むという行為をするのは成長過程において必要なことであるとされています。しかし、これをしつけせずに放置しておくと、成長してからでは手がつけられなくなってしまうこともあるそうです。
子犬のしつけ【噛む編】子犬の噛むくせを放っておくと…
子犬が噛むときは、どう対処していますか?まだ甘噛みだし、様子を見ていても大丈夫と放置していませんか?実はこれ、大きな間違いなのです。
子犬のしつけ【噛む編】子犬が噛むのをやめさせるのに有効なこと?
子犬が自分や家族を噛んできたら、可愛いから痛くないから、まだあまがみ程度だから・・・と許していてはいけません。人間から見ると、一見飼い主に甘えてじゃれついているように思うでしょうが、犬の側から見ると、これは相手の人間を自分が支配できるかどうかを確かめて少しずつ確認している行為なのです。