犬のしつけ法【噛む編】

犬のしつけ【噛む編】犬の噛む癖を治すには?

犬のしつけでも噛む癖を治すのは骨の折れることでもありますが、とても重要なしつけの一つです。

 

甘噛みのうちはまだしも、本気で噛みつくとなると事は重大です。

 

犬が噛むという行為をするのは成長過程において必要なことであるとされています。

 

犬のしつけ噛む""

しかし、これをしつけせずに放置しておくと、成長してからでは手がつけられなくなってしまうこともあるそうです。

 

誰かの手を思い切り噛んだり、家具や電気コードなどを噛まれては大変な事故になってしまうかも知れませんし、家の家具が傷だらけ、という事態にもなってしまいかねません。

 

とにかく、犬の噛む癖を治すには根気よく取り組むことが必要なようです。

 

犬と人間との主従関係をしっかりと犬に教え込むことが大切です。

 

その上で、できるだけ冷静に、噛むことがいけない事だと犬にわからせる必要があります。

 

噛もうとしたら、「ダメ!」と大きな声で一喝。頭を地面に押さえつけ、叱ることを繰り返すといいそうです。

 

基本的に、犬のしつけで大切なことは、常に毅然とした態度で終始一貫したしつけを行うことです。

 

自分の気分や機嫌などで態度を変えてはいけません。

 

自分の子どもを育てる時と同じ気持ちで愛情を持って接していくことが大切です。

あなたはいくつ当てはまる?

犬,しつけ,噛む,甘噛み

犬,しつけ,噛む,甘噛み

犬のしつけ【噛む編】犬の噛む癖を治すには?関連ページ

子犬のしつけ【甘噛み編】甘噛みの癖を見逃していると…
犬のしつけで甘噛みの事は、最初に遭遇する戸惑いかもしれませんね。可愛い子犬がじゃれて遊んでいる時に、手を甘噛みしてくることは良くあると思います。このときに、どう対応したら良いのか迷ってしまうかもしれません。
子犬のしつけ【甘噛み編】甘噛みへのしつけで気をつけたいこと?
子犬の甘噛みへのしつけで気をつけたいのは、体罰を与えないということです。子犬にとって飼い主の手は、いつも優しく安心できるものであることが大切です。
子犬のしつけ【噛む編】子犬の噛むくせを放っておくと…
子犬が噛むときは、どう対処していますか?まだ甘噛みだし、様子を見ていても大丈夫と放置していませんか?実はこれ、大きな間違いなのです。
犬のしつけ【噛む編】しつけをする上で忘れてはならないこと?
犬のしつけで噛む癖を治すためには、その場で叩くのがいいとする人と、できるだけ叩いてはいけないという人、いや絶対に手を上げてはダメという人など、さまざまな意見が聞かれます。ここで忘れてはならないことは、犬のしつけにも基本には愛情が根底にある、ということです。
子犬のしつけ【噛む編】子犬が噛むのをやめさせるのに有効なこと?
子犬が自分や家族を噛んできたら、可愛いから痛くないから、まだあまがみ程度だから・・・と許していてはいけません。人間から見ると、一見飼い主に甘えてじゃれついているように思うでしょうが、犬の側から見ると、これは相手の人間を自分が支配できるかどうかを確かめて少しずつ確認している行為なのです。