犬のしつけ法【トイレ編】

犬のしつけ【トイレ編】犬の2つの習性を利用する?

これまでの犬の飼い方であれば、トイレは散歩の時に、というのがある意味常識でしたね。

 

でも、これからの時代は、トイレはトイレシートで、というのが飼い主にも犬にもメリットがあります。

 

室内犬のしつけは、トイレの場所を決めることから始まります。

 

犬のしつけトイレ

まだ子犬で、サークルの中にいるうちはサークルの中にトイレを用意しますが、サークルから出て過ごすようになったら家の中の一か所をトイレと決めて、必ずそこで排泄するようにしつけます。

 

トイレの置き場所は、人気のない落ちつける場所がベストです。

 

ベランダのある家では、ベランダの隅にトイレを置くのもいいですね。

 

もしくはお風呂場や洗面所などをトイレにするご家庭も多いです。

 

トイレの場所は、一度決めたら簡単に動かしてはいけません。

 

犬が迷ってしまいますから。

 

また、室外犬のしつけも、トイレを自宅の庭やすぐ近くの場所などに用意して、必ずそこで排泄するようにしつければ犬もトイレを我慢しなくてもすみますし飼い主もラクですよね。

 

犬のトイレのしつけには、犬の2つの習性を上手に利用するといいでしょう。

 

一つは、犬は安心して寝られる場所はきれいにしておきたいということ。

 

二つめは、トイレをする時間帯やタイミングはほぼ一定、ということです。

 

これを頭に入れてトイレのしつけをするとスムーズに行くと思います。

あなたはいくつ当てはまる?

犬,しつけ,トイレ,ベッド

犬,しつけ,トイレ,ベッド

犬のしつけ【トイレ編】犬の2つの習性を利用する?関連ページ

犬のしつけ【ベッド編】人と同じベッドはダメ?
犬をしつけてベッドに入れないようにするというのは、犬のアルファシンドロームを心配してのことなのです。ですから、逆に言えば飼い主と犬との主従関係や信頼関係がしっかりと築けているのならば、犬を一緒にベッドに寝かせるくらいは問題なし、と考えることもできます。
犬のしつけ【ベッド編】ベッドの位置関係が重要なポイント?
犬のしつけにベッドで一緒に寝かせるのは是か非か、という問題があります。ここで重要なことは、その行為によって犬をわがままにしてしまうかもしれない、ということをわかっているかどうかです。
犬のしつけ【トイレ編】外せない重要なポイント?
最初は、トイレシーツのあちこちに排泄をしてしまうかも知れませんが、あまり気にしないようにしましょう。間違えて寝床で排泄してしまっても決してしからないようにして、淡々と片付けるようにして下さい。
犬のトイレのしつけ【まとめ】
トイレのしつけで重要なのは、トイレの場所を犬に憶えてもらうこと。犬がトイレをしようとするときには、飼い主が導いてあげることも大切です。