犬のトイレのしつけ【まとめ】

犬のトイレのしつけ【まとめ】

犬を飼う上でトイレのしつけは大変で難しいですよね? 

 

しかも室内で飼う場合はトイレのしつけは特に大切です。

 

 

トイレのしつけで重要なのは、トイレの場所を犬に憶えてもらうこと。

 

犬がトイレをしようとするときには、飼い主が導いてあげることも大切です。

 

 

床の匂いを嗅いだりして歩き回り始めたら、
犬が排泄したいタイミング。

 

トイレまで連れて行き、正しい場所で
きちんとできたらしっかり褒めてあげましょう。

 

褒めてあげることとで犬は、
トイレの場所を憶えるようになります。

 

 

 

犬にトイレの場所を憶えてもらうためにも、
トイレの場所を動かすようなことはやめましょう。

 

頻繁に動かすと犬がどこで用を足せばよいのか分からなくなります。

 

 

なので、トイレのしつけの前に、
トイレの場所は慎重に検討する必要があります。

 

目につきにくいところに置いてあげると
犬も安心してトイレに行くことができますよね。

 

 

 

 

トイレとは別の場所で排泄した場合は、してしまったその時に叱ることが重要です。

 

その場で犬を叱ることで、犬はなぜ叱られているのか認識します。

 

時間が経ってしまった場合は叱ってはいけません。

 

そして犬を叱る場合は短くハッキリと叱りましょう。

 

あまりガミガミと叱るとトイレに行くことを悪いことと認識し、飼い主の目を盗んで別の場所で隠れて排泄してしまうようになるかもしれません。

 

 

 

さらにトイレは常に清潔に保つことも大切。

 

犬は元々キレイ好きです。
人間同様、犬は汚いトイレで用を足したいとは思っていません。

 

 

最初はなかなか決まった場所で排泄をしてくれませんが、
無闇に叱らず黙って片づけてあげましょう。

 

正しい場所でしたときは、多少大げさでも
しっかり褒めてあげることで、トイレのしつけになります。

 

 

トイレのしつけには忍耐が必要ですが、飼い主が

 

 

「できなくて当たり前」

 

 

という気持ちで接することでゆとりができ、
犬に対して寛大に接することができるでしょう。

 

犬のトイレのしつけは焦らず、ゆっくりと練習しましょう。

 

あなたはいくつ当てはまる?

犬,しつけ,トイレ

犬,しつけ,トイレ

犬のトイレのしつけ【まとめ】関連ページ

犬のしつけ【ベッド編】人と同じベッドはダメ?
犬をしつけてベッドに入れないようにするというのは、犬のアルファシンドロームを心配してのことなのです。ですから、逆に言えば飼い主と犬との主従関係や信頼関係がしっかりと築けているのならば、犬を一緒にベッドに寝かせるくらいは問題なし、と考えることもできます。
犬のしつけ【ベッド編】ベッドの位置関係が重要なポイント?
犬のしつけにベッドで一緒に寝かせるのは是か非か、という問題があります。ここで重要なことは、その行為によって犬をわがままにしてしまうかもしれない、ということをわかっているかどうかです。
犬のしつけ【トイレ編】外せない重要なポイント?
最初は、トイレシーツのあちこちに排泄をしてしまうかも知れませんが、あまり気にしないようにしましょう。間違えて寝床で排泄してしまっても決してしからないようにして、淡々と片付けるようにして下さい。
犬のしつけ【トイレ編】犬の2つの習性を利用する?
これまでの犬の飼い方であれば、トイレは散歩の時に、というのがある意味常識でしたね。でも、これからの時代は、トイレはトイレシートで、というのが飼い主にも犬にもメリットがあります。