犬のしつけ法【ベッド編】

犬のしつけ【ベッド編】人と同じベッドはダメ?

犬のしつけの本などを読むと、必ずと言っていいほど、犬を同じベッドに入れてはいけない、と書いてあります。

 

これは、犬の権勢本能を助長させて、わがままな犬にさせないようにという意味で書かれていることです。

 

犬のしつけベッド

犬との主従関係をはっきりさせるのに重要だとされていることに、位置の高低差ということがあります。

 

例えば、犬がソファの上に上がって人間は床に座っている。

 

そこまでは行かなくても、一緒にソファに寝転んでいる。

 

これだけでも、犬は自分の方が飼い主より上だと認識してしまいます。

 

ですから、ソファに犬を上げる行為は、絶対にしてはいけないことなのです。

 

ベッドに関するしつけもこれと同じで、人間が寝ているベッドに一緒に寝かせると、犬が自分をリーダーだと思ってしまうということなんですね。

 

犬をしつけてベッドに入れないようにするというのは、犬のアルファシンドロームを心配してのことなのです。

 

ですから、逆に言えば飼い主と犬との主従関係や信頼関係がしっかりと築けているのならば、犬を一緒にベッドに寝かせるくらいは問題なし、と考えることもできます。

 

犬がベッドの中で粗相をしてしまうなら話は別になってきますが、そうでもない限り普段の生活で犬との関係性が上手く行っているならば、取りたてて騒ぐほどのことでもないのかなと感じています。

あなたはいくつ当てはまる?

犬,しつけ,トイレ,ベッド

犬,しつけ,トイレ,ベッド

犬のしつけ【ベッド編】人と同じベッドはダメ?関連ページ

犬のしつけ【ベッド編】ベッドの位置関係が重要なポイント?
犬のしつけにベッドで一緒に寝かせるのは是か非か、という問題があります。ここで重要なことは、その行為によって犬をわがままにしてしまうかもしれない、ということをわかっているかどうかです。
犬のしつけ【トイレ編】外せない重要なポイント?
最初は、トイレシーツのあちこちに排泄をしてしまうかも知れませんが、あまり気にしないようにしましょう。間違えて寝床で排泄してしまっても決してしからないようにして、淡々と片付けるようにして下さい。
犬のしつけ【トイレ編】犬の2つの習性を利用する?
これまでの犬の飼い方であれば、トイレは散歩の時に、というのがある意味常識でしたね。でも、これからの時代は、トイレはトイレシートで、というのが飼い主にも犬にもメリットがあります。
犬のトイレのしつけ【まとめ】
トイレのしつけで重要なのは、トイレの場所を犬に憶えてもらうこと。犬がトイレをしようとするときには、飼い主が導いてあげることも大切です。