犬のしつけ法【散歩】

犬のしつけ【散歩編】散歩嫌いの犬にならないようにするためには?

犬を飼い始めたら、愛犬との散歩も毎日の楽しみになりますね。

 

犬のしつけは散歩をしながら教えることもたくさんありますし、愛犬とのコミュニケーションを深めるとても大切な時間にもなります。

 

ワクチンの接種がすんだら、やっと散歩デビューとなりますが、この時はまず、外の世界に犬を慣れさせることを第一に考えて下さい。

 

犬のしつけ散歩

犬の性格にもよりますが、いきなりリードをつけて歩かせるのではなく、最初は抱っこで外の空気や音に触れさせるというくらいでちょうどいいです。

 

そして、犬が外の環境に慣れてきたら一緒に歩かせるようにするといいでしょう。

 

最初は、散歩嫌いの犬になってしまわないよう、極端にリードで引っ張ったりするのはやめて散歩が楽しいものである、と感じさせてあげて下さい。

 

犬をしつけながら散歩をするのには、飼い主にも心の余裕が必要ですね。

 

犬と一緒の時間を楽しみながら、ひとつひとつ散歩のルールを教えるつもりでゆっくりと取り組んで見て下さい。

 

散歩をしながら、自分の犬の性格を観察して、それにあったしつけが出来たらいいですね。

 

家の中とは違って、外の世界では色々な体験が愛犬を待っています。

 

犬の散歩のしつけをするのとともに、飼い主としての心構えやマナーをしっかりと自覚するようにして下さい。

あなたはいくつ当てはまる?

犬,しつけ,散歩,リード

犬,しつけ,散歩,リード

犬のしつけ【散歩編】散歩嫌いの犬にならないようにするためには?関連ページ

犬のしつけ【リード編】欠かせないリード…その選び方は?
リードの選び方としては、犬の行動を飼い主がコントロールしやすい長さの1.6〜1.8mの長さのものがいいでしょう。素材は、ナイロンや皮で出来ていてロープ状になっているものよりもテープ状になっているものの方が、セーフティグリップを作りやすいのでおすすめです。
犬のしつけ【リード編】散歩中にリードを使ってしつけ?
犬が引っ張り始めたら、すぐにその場でストップして、リードを持つ手をおへその位置で固定します。そして、リードがゆるんだらまた歩きだします。これを繰り返すことで、犬はリードがゆるんだ状態だと前へ進めると覚えていきます。
犬のしつけ【散歩編】散歩の時間を決めないほうが良い?
毎日、規則正しく散歩をさせることは、犬にストレスを与えてしまったり、無駄吠えの原因にもなったりします。