犬のしつけ【リード編】

犬のしつけ【リード編】欠かせないリード…その選び方は?

犬のしつけにリードは欠かせないものです。

 

今はさまざまなデザインのリードがありお店で目移りしてしまうかも知れませんね。

 

犬のしつけリード

リードの選び方としては、犬の行動を飼い主がコントロールしやすい長さの1.6〜1.8mの長さのものがいいでしょう。

 

素材は、ナイロンや皮で出来ていてロープ状になっているものよりもテープ状になっているものの方が、セーフティグリップを作りやすいのでおすすめです。

 

セーフティグリップは、危険な場所や人のたくさんいるところなどで、犬をコントロールしたいときに便利ですのでぜひ作っておいて下さい。

 

しっかりと犬をしつけるには、リードの正しい握り方もマスターしておいて下さい

 

リードの輪の部分を親指にかけてから手にひと巻きして、しっかり握ります。

 

リードを手首にぐるぐる巻きにしている人をみかけることがありますがこれは、犬に引っ張られた時に手首を骨折してしまう可能性がありますのでとても危険です。

 

また、散歩の時にリードをお子さんに持たせるのもやめましょう。

 

体力や力も弱く、判断力もない子どもにリードをまかせるのは不安です。

 

もし、どうしても持ちたがった時には、もう一本別にリードをつけて気分を味あわせてあげるのはOKです。

あなたはいくつ当てはまる?

犬,しつけ,散歩,リード

犬,しつけ,散歩,リード

犬のしつけ【リード編】欠かせないリード…その選び方は?関連ページ

犬のしつけ【リード編】散歩中にリードを使ってしつけ?
犬が引っ張り始めたら、すぐにその場でストップして、リードを持つ手をおへその位置で固定します。そして、リードがゆるんだらまた歩きだします。これを繰り返すことで、犬はリードがゆるんだ状態だと前へ進めると覚えていきます。
犬のしつけ【散歩編】散歩の時間を決めないほうが良い?
毎日、規則正しく散歩をさせることは、犬にストレスを与えてしまったり、無駄吠えの原因にもなったりします。
犬のしつけ【散歩編】散歩嫌いの犬にならないようにするためには?
最初は、散歩嫌いの犬になってしまわないよう、極端にリードで引っ張ったりするのはやめて散歩が楽しいものである、と感じさせてあげて下さい。